『博士号のとり方』をよんで(みたら結果的に本の内容はほぼ使わなかった)

はかせこうきかてい にねんせい ようしつ じょうほう

 

はじめに

にねんせいなので読書感想文を書く. 

本郷の書籍部に行ったら『博士号のとり方』という本が売っていた(2018年10月17日発売). オタクなので吸い寄せられて購入した.ちなみに,kindle版は存在しない(2018年12月2日現在)ので,読むならばみんなでシェアして読んで欲しい.僕は自分の身の回りの建物の重量をいたずらに増加させる書籍がとても嫌いである.

博士号のとり方[第6版]―学生と指導教員のための実践ハンドブック―

博士号のとり方[第6版]―学生と指導教員のための実践ハンドブック―

 

対象読者

これは2018年のeeic Advent Calendarの記事なので,博士後期課程に在籍する人だけではなく,例えば学部や修士の人や,すでに博士号を持っている教員の方々などにも有益になるようにする.また,東京大学電気系(つまりeeic)の学生を主な対象読者とはするが,一般論として日本の大学生なら読めるようにしたいとは思っている.

 

宣言

好き勝手に書いていたら,結果的に主な対象読者はB3とB4になってしまった.内容も説教パンチになってしまった.そして文章が無限の長さになりそうだったから,肝心の本の内容の1%も反映できていない感じになった.だからまあ結局この本の内容を知りたいのであれば本を読むべきだと思う(それはそう(タイトル詐欺)).

 

 

博士課程に行くべき人材

本書の序盤では,どういう人が博士課程に行くべきかを書いている.例えば,以下のようなことが書いてある:

「これから先、何がしたいのかが分からないので大学に残ろう」と考えているのなら、あなたはその解決としては、とてつもなく困難な選択をしてしまったといわざるを得ない。

この文章によれば,何がしたいのかが分からずに博士後期課程に来た僕はとてつもなく困難な選択をしてしまったということになる.僕は自分が楽しいことか,社会で大いに役立つことか,もしくはその両方ができるといいなあとは思っているけど,具体的に「何がしたいのか」はやってみないとわからない.が,実際には僕は特に困難を感じていない(感じたほうがいいのかも知れない).

僕なりにこの文章を(よりまともに)解釈するならば,

※これは引用ではなく僕なりの解釈です

研究ってどういう活動なのかよく分からないけど、これから先、何がしたいのか分からないので大学に残ろう」と考えているのなら、あなたはその解決としては、とてつもなく困難な選択をしてしまったといわざるを得ない。

となると思う.つまり,(学会発表であれジャーナル執筆であれ製品化であれメディアアートの製作であれ)「研究をする」という行為が概ねどういう感じで・どの程度辛くて・どの程度楽しいのかを自分なりに分かっていない人が,いきなり研究の大海原にダイブするのはやばいよ,ということだと思っている.そして,日本では修士課程から(本格的な)研究活動が始まる.

日本のシステムの場合,結局のところ,修士課程に応募する(B4の夏ごろ)までに(or 遅くとも修士課程に入るまでに)研究活動というものを理解できていた方が,無知である場合に比べてかなり幸福な選択ができる可能性が高いと思われる.

 

そのためにも,大学教員やラボの上級生のみなさんは,新しくラボに入ってきた人々(eeicの場合はB4)になるべく早く研究活動をさせたほうがいいと思う.具体的には,めちゃくちゃしょぼくてもいいから,夏までに実験から論文執筆まで体験させるべきだと思う(ここでは,「生物学では論文を書くのにn年かかるよ」などといった分野毎の研究スパンの違いに関しては無視する).そうしないと,研究機関であるところの大学院に,何をするのかが分からない人材が入ってきて「困難な選択」をしてしまうからである.逆に,これから研究室に入るみなさんがどのような情報を集めるべきかについては,次の章で書く.

知らない研究室を知る

研究内容を知る

海外の大学では,学部卒業(B4)の時にいきなりPh.D. courseに応募することも多いため,お互いを全く知らない先生のところに応募することは割とよくあるっぽい.そのようにして知らない研究室に応募する際,この本によれば以下のことに気をつければ良いそうである:

評価が確立されているか、博士課程学生の教育に真剣に取り組んでいるかを確かめる必要がある。まずはウェブサイトを確認すること。そして、それらの取り組み具合にはあなたの成功がかかっているため、その学科に面接をしに行った際に躊躇せずそれについて尋ねるべきだ。

ほとんどの研究分野の有用な情報は、グーグルスカラーなどの検索エンジンで学術論文を見つけることで得られる。

わかる.

でもこれ,eeicについて言えば,(前章でも書いたけど)むしろ学部と修士で研究室を決める時にこそ大事なことかもしれない.B3やB4がよく知りもしない(というか,知ろうとしても原理上よく知ることができない)ラボに応募して,その結果として学生と研究室の相性が悪かった,となってしまう事象は毎年発生している.

 

一応,eeic全体としてもっとマッチングをはかろうよ,という努力はしている.どのくらいの人がこれを知っているかは定かではないが,去年から,EEIC*findという「eeicに所属する教員がYouTubeで自分のテーマを分かりやすく短く話す」試みを始めている.まだ盛り込まれている先生方は全員ではないけど,チャンネル登録とかをして動画を伸ばしてくれれば,多分他の先生の動画も増えると思う(適当).B3の人にとっては,「普段授業で分かったり分からなかったりすることを言う先生」みたいな人々が,本当は何をしているのか知る機会になると思う.そして肝心の僕が所属するラボの動画は(運営する側だったから)まだない.

※この埋め込み動画は再生リストになっているので,左上のアイコンを押すか,YouTubeのサイトに飛ぶかして,好きな動画をじっくり見るといいのかもしれない.

研究環境を知る

研究内容については上記の動画やウェブサイトから情報を得るのがいいと思うが,実はそれよりも,研究環境の方が(精神衛生上)はるかに大事だと思う.具体的には,以下のようなことが大事だと思っている

  • 小部屋(や自分の机)があるか?共用の大部屋か?パーティションはあるか?
  • 指導教員の部屋は学生の部屋から近いか?(= 気軽に質問できるか?)
  • 実験する部屋は学生の部屋から近いか?(= 気軽に実験できるか?)
  • 机や椅子の質はどうか?(= ラボに長居したいと思えるか?)
  • 金はあるか?(= やりたいことを気軽に試せるか?)
  • どのくらい開放的か,どのくらい閉鎖的か?
  • どのくらいの距離感を求める教員か?酒を飲みたいのか?
  • ミーティングは集団でやるのか?個人でやるのか?
  • 朝早く,夜遅くラボインする必要はあるのか?(コアタイムが存在する場合,それは自分の生活と合っているか?)
  • ラボに友達は入りそうか

これらの確認に際しては,自分で見に行くのと,その研究室の学生に聞くのと,直接先生に聞くのと,全てやったほうが良い.特に先生に会うのは大事だと思う.こういうことを直接先生に聞くのはためらわれがちかもしれないけど,むしろ先生だってそれを聞いてほしいと思っているはずである.なぜなら,日本の大学の場合,学生と教員のマッチングが取れていなかったとしても,システム上,先生の側から学生をクビにすることはできないからである.この理由から,学生だけではなく,先生も自分とマッチした人間と一緒に仕事をしたいと思っている.そもそも,真面目に率直な質問をして怒るような教員がいたとしたら,そのラボには行くべきではない. 

ちなみに,アメリカの大学の場合,(a) 大学院の学生は指導教員を途中で変更することができるし,(b) 指導教員は学生の生活費を切ることができる.だから,マッチングに失敗したとしても,学生・指導教員の両側からその修正をすることができる.しかし日本の大学の場合,(a') 大学院の学生は指導教員を途中で変更することはできないし,(b') 指導教員も学生をクビにする方法がない.だから,B3やB4の皆さんには,ぜひともすごく真剣にラボを選んで欲しい. 

最後に

実はこの5倍くらい書くつもりで書いてたんだけど,なんかまとまりが悪くなったのでだいたい削除した.やっぱりキレないで文章を書くとキレない感じになる.でもせっかくeeicの縦断忘年会の1日前の記事なんだから,これを読んだ若者がおじさんたちに話しかけるきっかけになったらいいかな,とも思っている.とりあえずここで終わるけど,多分ちょっとは書き直すと思う.ちなみに僕は縦断忘年会には行かない.スマブラもできない.

 

f:id:youshitsu:20181203031949p:plain

刃牙道』 9巻78話より

 

キレベント・カレンダー

年の瀬なので31回キレます。

※ 以降で出てくる「正しい」「悪い」「美しい」「汚い」などの価値基準は、ほとんどの場合「ぼくのかんがえたさいきょうのしゅうきょう」に基づくものであって、世界の真理とは限りません。

12/01 日本語① 読点(、)の位置がおかしいよ問題

※ 以降で引用する文章は、日本語のとある1つの宗教の説明のために批判的に紹介していますが、内容自体は素晴らしいと思います。

例えばこんな文章*1

現在、授業で扱っているようなC言語コンパイル時に機械語コンパイルされます。

「現在」のあとの「、」は意味不明。この場合「『現在は』C言語機械語コンパイルされるが、『来年は』そうではないかもしれない」という風に感じる。

正しくは

現在授業で扱っているC言語などの言語は、コンパイル時に機械語に変換されます。

である(引用ではないが、見やすさのため引用表記とした。以下も同様)。

※ そもそも「授業で扱っているようなC言語は」という日本語は文法だけではなく意味的にも崩壊している。授業で扱う以外のC言語も、一般的には機械語コンパイルされる言語である。真に言いたいことは「C言語コンパイル言語である」ということだけだと思う。また、コンパイルしたらコンパイルされるのは当然。

※ 副助詞の「は」はとてもヤバイ世界観を持っているのがヤバイ

 

なお、日本語で論文を書く可能性があるのなら以下の本を読むと楽しい。僕(や先生)が毎年毎年似たような文章を訂正するのは嫌である。意外と薄くてすぐ読み終わる割に有用である。読点以外の話(修飾の順序・漢字とカナ・段落など)も書いてある。とある研究室ではこれを読むことが先生によって高く推奨されている。もしも買うならば、2号館の重量をこれ以上増やさないためにもkindle版で買うべきである。

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

 

 

12/02 日本語② カッコおかしいよ問題

カッコは句点(。)の前に置く

また悪い例から始める*2

これは署名のついた、ただのzipなのでapkファイルの名前をapp.apk -> app.zip のようにリネームすることで解凍できます。(今どき解凍って言わないかな...💦💦)  

文末のカッコは句点の前に置くのが多数派の宗教である。正しくは

これは署名のついたただのzipなので、apkファイルの名前をapp.apk -> app.zip のようにリネームすることで解凍できます(今どき解凍って言わないかな...💦💦)。

である(この例文は1つ前の記事で説明した「読点」に関してもおかしいし、次に触れるカッコの全角半角問題としてもおかしい。ある意味おかしさの凝縮されたすごい文章である)。なお、ほとんどの場合カッコは句点の前で良いが、そうじゃない場合もある(ここでは書かない)。

ちなみに、そもそもカッコで補足する位置がおかしいという問題もあり、本当に気持ち良く修正するならば

これは署名のついたただのzipなので、apkファイルの名前をapp.apk -> app.zip のようにリネームすることで解凍(今どき解凍って言わないかな...💦💦)できます。

 という宗教観もある。

カッコは全角か半角か

相手が先輩でも退かぬ媚びぬ省みぬ*3

MSRAでは中国語スキルも(日常生活で)要求されますが,基本的にすべての会話は英語です.

日本語の文章では全角カッコを使用する。上の例でも、日本語文に半角カッコを混入したために文字の高さがズレている。そもそも、フォントは職人さんがひとつひとつ高い宗教性を胸に秘めて作製したものである。推奨された用法を守らなければカッコの位置がおかしなことになる(イラレなどで調整しなければの話)。

ちなみに、英文では半角スペースを使い、左カッコの前・右カッコの後には半角スペースを入れる(文末では例外として右カッコのすぐ後にピリオドなどの約物を打つ)。これもやっていない人が多いが、それを見るたびに僕の命が縮んでいる。賠償してくれ。

ただし、日本語と英語との間にカッコを入れる場合、ルールは人によって結構まちまちである。僕は眼力で判断する。なんにせよ、上の例文のように半角カッコを使いたいのであれば、最低でも前後に適宜半角スペースを入れるのが紳士のたしなみである。

12/03 エレベータ① 1Fから5Fを移動するな、荷物用エレベータを使うな

f:id:youshitsu:20161218175732j:plain

工学部2号館のエレベータは

  • 荷物用エレベータは荷物運搬を優先します
  • 呼び出しボタンは1機分のみ押してください
  • 学生は1F〜5Fの移動には、原則として階段を利用してください

と決められている。

これを守らない人は、エレベータの底が開いて2号館地下に存在する施設で労働することになる。おい、悪びれずに一般のエレベータと運搬用エレベータの両方を押すそこの教員、貴様もだぞ。

f:id:youshitsu:20161218180249p:plain

福本伸行,"賭博破戒録カイジ," vol. 1, accessed on Dec. 18th, 2016.

もちろん「まずエレベータで1Fから6Fに移動し、その後エレベータを乗り換えて6Fから5Fに移動する」のはアリ。

12/04 エレベータ② プラスマイナス1Fを押すな

知っての通り2号館のエレベータはとても脆弱である。そのため、僕は自分ルールとして「乗り込んだ際に目的階のプラスマイナス1Fがすでに押されていた場合には、ボタンを押さない」と決めている(同じ宗教の人、例えば田浦先生と同時に乗り込んだ場合にデッドロックが発生することもある)。

体調不良やら体力やら身体障害やらの問題がないのであれば、全員やってほしい。なぜなら僕の時間がもったいないからである。

12/05 エレベータ③ 閉まりかけのドアを開けるな

閉まりかけのエレベータのドアを開けるな。◯す。

閉まりかけでドアを開けてはいけない理由は単純である。仮にそのエレベータに無限人の利用客がいて、無限の収容能力がある場合、

  1. エレベータが閉まりかける
  2. 馬鹿な利用客がドアを開ける
  3. 馬鹿な利用客が乗り込む
  4. エレベータが閉まりかける
  5. 馬鹿な利用客がドアを開ける
  6. 馬鹿な利用客が乗り込む
  7. ...
  8. 世界が終わり人類が滅ぶ

となるからである。

電車なら損害が発生する。馬鹿な利用客は僕の時間を賠償できるのか?

12/06 英語① オックスフォード・コンマ

英語で3つ以上の名詞句を並べる時、

  1. a, b, c, ..., and d
  2. a, b, c, ... and d

のどちらがいいかというと、僕の宗教では1である。1のコンマを「オックスフォード・コンマ」という。オックスフォード・コンマがないと僕はキレる。

理由は以下のTweetを見れば分かる。

色々と議論はあるが、要するに、オックスフォード・コンマがないと「同格のコンマ」と「列挙のコンマ」が区別できない状況が発生する。キモい。

イギリス人は比較的オックスフォード・コンマをつけないという説もある。実際僕はイギリス人と論文を書いたときに何回も訂正された。でも僕もキレながら何度も訂正し直した。ただ、民族とオックスフォード・コンマの関係は比較的小さく、趣味によるところが大きいと聞く。本当のところはきちんと統計をとれば分かるかもしれない。

12/07 英語② コロン

セミコロンは比較的難しいが、コロンは便利なので使う。以下は

セミコロンとコロンの意味と使い方 (★★★上級)からの引用である。

1.何かを列記する

I needed to buy three things at the grocery store:
milk, orange juice, and cream cheese.

【訳】食料品店で3つのものを買わなければ。ミルク、オレンジジュース、それとクリームチーズ。

2.何かを定義する、説明する

Osaka: the capital of Osaka Prefecture with a population of 2.5 million.

【訳】大阪市: 大阪府の府庁所在地。人口250万

I’ll tell you what I did: I laughed out loud!

【訳】何をしたか教えてあげる。大笑いしたのよ!

特に2の用法は論文でとてもたくさん見る。HCI (Human Conputer Interaction) の論文のタイトルは7割くらいが2の用法で書かれる。それが良いと思うかどうかは人によって様々だが、『プロジェクトネーム:説明文うんちゃらこんちゃら』という論文は名前が覚えやすいので好きである。

12/08 スライド① 「文字は◯◯ポイント以上」とかいうやつは馬鹿

馬鹿の一つ覚えみたいに35ポイントくらいの文字でスライドの画面を埋めて、「見やすいでしょ?」とかドヤ顔している馬鹿がいる(デバイス系のあの先生やこの先生である)。

そういう馬鹿に限って文字のサイズをポイント数で指定してくるが、本当に馬鹿だ。その理論は、画面解像度を上げるだけで破綻する。そいつは何も理解していない。そもそも画面解像度を変更できることにすら気づいていない場合が多い。そんなやつにこだわりや根拠などない。

フォントサイズは、チベットの奥地で明鏡止水の修行を3年ほど行ってから決めるのが普通である。フォント次第でフォントサイズも変えるし、臨機応変な作業を楽しむものである。近年の僕は「むしろ見えないかな?」ってくらい小さい文字で他人を苦しめるのが好きだ。

f:id:youshitsu:20161218232009j:plain

"Nepal Border Crossing from Tibet – Where the Hell is Rory?," accessed on Dec. 18th, 2016.

もちろん文字サイズと同様に、画面アスペクト比の修行も必須である。友人の輪講の感想に「画面比率は4:3にしましょう」と書いている馬鹿がいたが、そういう思考停止馬鹿は肉体労働でもしていなさい(別に16:9が良いとも思っていない)。

12/09 スライド② 余白は美しい

画面いっぱいに情報を詰め込んでいる、そこのデバイス系研究者。

スライドは報告書ではないので、知っていることを全て書くことはできない。プレゼンテーションの形態を取る以上、客はどう頑張っても伝えたかったことの20%くらいしか理解できない。100%の理解を求めるなら詳細な資料を配って黙って読んでもらうのが良い。デバイス系研究者が輪講で理解不能でつまらないプレゼンをするから、世界中の僕が貴重な時間を奪われる。

余白は美しい。余白には夢が詰まっている。ちなみに、スライドの勉強なら以下の本が一番好き。

slide:ology[スライドロジ―]―プレゼンテーション、ビジュアルの革新

slide:ology[スライドロジ―]―プレゼンテーション、ビジュアルの革新

 

 

12/10 スライド③ スライドをパワポって呼ぶな

この間とあるイベントで講師をしたのだが、司会の人がスライドのことを「パワポ」と呼ぶのを何度も指摘したのに直さなくてキレた。

スライド一般のことをまとめて「パワポ」と呼称するなアホ。

僕がスライドウェアとして使用したことがあるものだけでも

  1. PowerPoint
  2. Keynote
  3. Beamer
  4. Sway
  5. inDesign
  6. Prezi (Sozi)

くらいは種類がある。スライドのことをパワポと言われると、

  1. 本当にPowerPointでの作成を求められている
  2. スライドの作成が求められているのであって、スライドウェアは任意

のどちらかが分からない。

ちなみに講師をしたとあるイベントでは、「2. スライドの作成が求められているのであって、スライドウェアは任意」の意味で「パワポ」が使用されていた。◯す。

12/11 スライド④ 画像のテイストをそろえろ

最近いらすとやと実写が混ざったスライドをよく見る。

汚物を僕に見せつけるのをやめてくれ。ちなみにいらすとやが悪いのではない。

画像のテイストが互いに合っていない。カレーに麦茶くらい合っていない。鮭とばと赤ワインくらい合っていない。生の白ねぎと任意の食材くらい合っていない。

12/12 日本語③ 論文で表記ゆれをするな

初めて論文を書こうとする学部生はすぐに名文を書こうとする。しかしたいていはキモチワルイオタクのポエムになる。お願いだから徹頭徹尾同じ表現で書いてくれ。表記ゆれしないでくれ。

漢字の使い方は投稿する学会・論文誌にもよるが、日本の常用漢字に従っている電子情報通信学会 付録D 常用漢字表・送り仮名についてなどに準拠すると心が落ち着く。このブログは長大かつやる気がないので表記ゆれしているかもしれないが、論文ではやめてくれ。

12/13 単位① 立体と斜体、スペース、[角カッコ]をつけるか否か

単位にまつわるミスを直すために、東京大学の大学院生や教員の貴重な時間が1年に100 億万時間も失われている。もっと有意義な間違いを修正したい。

まず

  • 単位はローマン体(立体)で書く

つぎに 

  • 単位の前には半角スペースを入れる(% (percent) や° (degree) は入れない場合が多い。SI単位系では%の前には半角スペースを入れることになっているが、natureをはじめとする多くの学会・論文誌においては半角スペースを入れない規定になっている)

最後に

  • 単位と角カッコの対応はアレなので気をつけてほしい(4. のケースでLと角カッコの間にスペースを置くかはJISとSIを読む限り不明)
  1. 765 cm → 正解
  2. 765 [cm] → 不正解
  3. L cm → 不正解
  4. L [cm] → 正解 

単位およびその表記方法について

国際単位系 (SI) の5章

12/14 単位② LaTeXのμは単位としては諦めた

LaTeXのデフォルトでマイクロ($\mu$)を単位として使おうとしても、ローマン体のマイクロが存在しないため、単位としては不適当である。

\othermuという物体を使えばできるにはできるが、結構な確率で別のバグを生む(経験則)。

僕は諦めた。LaTeXを呪い◯そう。

追記

呪い殺されるのは僕だったと思われる。

\siunitxパッケージを使うとSI単位系の表現ができる。まだ本格的に利用していないので他の場所に異常をきたしたりする可能性がないとは言えないが、これで良さそうだ。セリフだし。情報提供してくれた方はありがとうございました。

f:id:youshitsu:20161219150556j:plain

12/15 メール① HTMLメールはいいぞ

このゴミみたいなブログのように長ったらしくメールを書いたところで、誰も読まない。プレーンテキストで長く書かれても、何が大事か分かりづらい場合が多い。

もちろんパソコンオタクがプレーンテキスト教団に所属しているのは知っているが、HTMLメールを使って分かりやすくまとめてほしい。今時HTMLが読めないメーラを使っているのは僕の今の指導教員くらいである。

12/16 メール② End Of File (EOF) を定義しろ

最低でも、メールのEOFがどこにあるのかを明言してほしい。例えば

  • (文頭)以下何件の用事があります←個人的に好き
  • (文末)以上
  • (文末)ご確認ください

のようなものである(敬語はいらないと思っているが、あくまでよくある例として述べている)。 

とりわけ僕は一番上の、「最初に何件の用事があるか述べる」スタイルが好きである。最初に用事の個数を把握して、一定個数の用事を読み終えたら読むのを止められるからだ。 

まあなんでもいいから、パッと読めるようにしてくれ。 

12/17 メール③ スレッドを分けろ、適当に返信したら◯す

現在の指導教員は、僕が「メールの書き方 初級編」なる文章を書いてやってもメールを正しく使えない。

とある相手に新規の内容でメールを送る際、面倒臭がって前のスレッドに返信する形式を取るやつは本当にクソである。スレッドを適当に処理されると、後で検索するときに僕の体力が持っていかれる。メールがSlackやらLINEやらfacebook messengerやらよりも優れている点はスレッド管理である。スレッド管理しなければゴミである(逆に言うと、スレッド管理できない/しづらいという理由から僕は流行りのツールがそこまで好きではない)。

12/18 就職① コネ

就活は日本の就活生全員がキレるレベルでしょうもないイベントである。しょうもないエントリーシートを書いたりしょうもない面接をしたりする。

それくらいならコネで入社するのがラクだ。コネで入社しよう(「コネ = 実力がない」とは限らず、むしろコネ就職は強者の場合が多いと思う(広告などは除く))。

12/19 就職② だいたい文系は馬鹿

ゴールドマン・サ◯クスやらマ◯キンゼーやらの文系職インターン/就活をしたことがあるが、文系は勉強していない分馬鹿なので一緒にいると疲れるかもしれない。だいたいみんな馬鹿。

ここでムッとしたそこの文系の馬鹿、僕も文系出身の馬鹿なのでそのムッは知らぬ。実際、文系の学部生はたいていろくな勉強/研究をしないので、ひとまとめに軽んじても問題ない。 

12/20 その他① 本郷郵便局のアジア系のおばちゃん

院試の出願の時には、本郷郵便局の2Fにいるアジア系のおばちゃんに書留を頼んではいけない。クソ適当に記録を取るから配達事故が起きたときに証明できるかどうか不安で仕方がない。というか通常業務も頼まないほうが良いと思う。

12/21 その他② Wordは上級者向けだから素人が使うな

Wordで美しい文章を書くのは難しいのでTeXを使う。Wordには隠れた素晴らしい機能がたくさんあるが、それを使いこなせる人間はMicrosoftの社員などに限られる。間違っても事務の人に使いこなせる代物ではない。

Microsoftの社員と論文を書いて感じた結論である。

12/22 その他③ 自転車で複数車線のY字路を右折できないf:id:youshitsu:20161218203157j:plain

自転車で白山通りを北に進んで夢を語れに行こうとしていた時、ジレンマに遭遇した。上図のY字路を右折しようとした場合、どうすればいいのか。 

自転車は道路交通法によって

  1. 追い越し以外の場合、たとえ特定の進行方向に対する通行レーンが複数本に分かれていても最左車線を通行する
  2. 交差点では二段階右折をする

ことが規定されている。

そのため、複数車線のY字路ではどうやっても右折できないような気がする。右折レーンに入って右折するのは1のルールによって不可能。最左車線から右折は2のルールの二段階右折が不可能(?)だから不可能と考えた。
このジレンマを解決するために、Y字路の交番でどうやって曲がれば良いのか警察に聞いたのに、曖昧な回答しか得られなくてキレた。
僕や周囲のオタクで考えたY字路の曲がり方は次のようになる。まず、WikipediaによるとY字路は交差点である。

道路交通法第二条第一項第五号において、交差点を「十字路、丁字路その他二以上の道路が交わる場合における当該二以上の道路(歩道と車道の区別のある道路においては、車道)の交わる部分」と定義している。 交差点における通行方法等は道路交通法第三十四条から第三十七条が規律している。

そのため、右折する際には実は二段階右折が必要となる。でもY字路で二段階右折ってどうやるのだろう?こう(下図)やるのだろうか。どこを「二段階」と定義したら良いのか非常に難しい。

f:id:youshitsu:20161218204501j:plain

次に夢を語れに行くときには、二段階右折して警察官に捕まるか試してみようと思う。

12/23 疑問文① 排反なYes/No疑問文にYes/Noで返さないやつなんなの?

時間の無駄を防ぐために、排反なYes/No疑問文は超有能である。が、それを使いこなせない人間が多い。

Yes/No疑問文で聞かれたらYes, hoge. / No, hoge not. で返答するというのは中学1年で勉強することである。中学校教育は義務教育である。頼むからまずYes/Noを答えてくれ。こっちはアメリカン・ジョークみたいなものは期待していない。

12/24 疑問文② 箇条書きの質問に箇条書きで返さないやつなんなの?

これやられるとマジでイラッとする。

12/25 疑問文③ なんで◯◯しないんですか?と聞くやつなんなの?

「なんで自炊しないんですか?」とか聞かないでほしい。そういう質問をするやつは質問がしたいのではなく、反語がしたいだけである。だったら直接言え。

そもそも、多くの行動は「何か動機があってやる」ものであって「何か動機があってやらない」ものではない。「なんで自炊するんですか?」なら「生活費を抑えるため」とかなんとか回答のしようがあるが、「なんで自炊しないんですか?」は分からない。「しなくてもよいからしない」程度の回答しかできない。

例外もある。「なんで呼吸しないんですか?」は意味のある文章である。呼吸は例外的に「動機(積極的な意思)がないけどやる」からである。呼吸やら排泄やらをしない理由を聞かれたら答えるけど、それ以外の「なんで◯◯しないんですか?」は大抵無為。

12/26 疑問文④ 日本で24時間表記で返さないやつなんなの?

以下は先日LINEで東大の1年生と会話した時のやりとり。

f:id:youshitsu:20161215051632j:plain

こちらが間違いのないように24時間表記で書いているのに、突然12時間表記に変更してくるな。それに12時間表記ならせめてa.m.とかp.m.とかつけろ。

あと、誤解が生じたのはお前のミスなんだから、夜で当たり前だろみたいな返事をするな。変な常識を押し付けるな。

12/27 疑問文⑤ 今日暇?って聞くやつなんなの?

お前の人格と要件次第では暇じゃないので回答できない。大体今日っていつだよ。

あと暇かどうかと、誘いに応じるかどうかとは関係がない。

これを冗談じゃなく聞いてくるやつとは会話したくない。

12/28 疑問文⑥ お客様何名様ですか? に3名って答えるやつなんなの?

これだけ回答方法に関するキレ。

「3名です」が嫌いって話。「3名」じゃなくて「3人」にしたい。

ただし、これは十分理不尽であり続けた主張の中でもかなり理不尽な部類のいちゃもんである。「名」は尊敬語ではなく丁寧語なので、主体となる人物が使っても自敬表現にはあたらない。でもなんか気持ち悪いから「3名です」は嫌だ。他のキレに比べてかなりわがままだと思う。

12/29 その他④ ダイエット = 健康 という偏見をやめろ

先日35日で10 kgの減量(1日に約300 gの減量)をしたが、「不健康だよ」「リバウンドするよ」「筋肉も落ちるよ」などという心配/批判のコメントを結構な数もらった。

知るか。

そもそもそういった目標を立てていない。日本語におけるダイエットの第一目標は誰に聞いたって痩せることだ。健康になったりリバウンドを防いだり筋肉質になったりすることはダイエットの「ついで」なのであって、少なくとも「健康第一だから君のやり方は良くない」みたいな非難を受け付ける理由がない。これからダイエットをする方には、ただただ体重を落としてほしい。

12/30 その他⑤ 好きなように作業させろ

おなじみkenkyu.htmlより

逆にいい結果さえ出るのなら,何をやってもよい.朝だらだらして昼から出勤してもいい,いい結果さえ出せるのなら.そして,君の行動が,研究室メンバーの生活態度,ひいては彼らの研究態度に何の影響ももたらさないと確信できるほど,君がつまらん存在であると認めるのなら.

(さすがに1991年当時の思考であって、今こんなことを考えてはいないと信じているが)知るか。朝だらだらして昼から出勤することは何も悪いことではない。なぜなら出勤時間に関する契約を誰とも結んでいないからだ。

アイディアが思い浮かんだらすぐに実行できる環境が理想だから、いちいち定時だの休日だのを信仰している人間の気持ちなど考える必要はない。好きなときに好きな分作業すれば良い。大きな装置があってその稼働のためにコアタイムを設けるといった言い訳をよく聞くが、それを言い訳に思考停止しているところも多い。

最大限好きなときに作業させろ。

12/31 その他⑥ 来年もキレる

来年はもっと理不尽にキレながら心静かに楽しく暮らしていきたい。